工房案内

  1. トップページ
  2. 工房案内

アングラーの皆様へ

色々な釣り場での思いを少し綴らせて頂きます。

最近では少し減ってきたかなとは思いますが、釣り場に行くと、いつも目につくのが、小さい魚をリリースせずに波止の上やテトラの隙間に捨ててある光景。 自分が欲しい魚以外はいらないから捨てる・・・ 釣り人はわざわざ魚の住んでいる世界に入り込んで釣りをする。当然色々な魚が掛かってきます。

特に感じるのは魚を捨てる方の年齢が年配の方が多いと言う事。若い方より良識もマナーも身につけているはずの年配の方が釣りに対するマナーの悪さを感じます。これは日本の漁師さんにも言える事。皆がみんなではないと思いますが、一部の漁師さんの漁法や釣り上げた後の対処も問題があると思います。

自分が狙っている魚以外が釣れた時でも笑ってリリースする位の余裕を持って釣りを楽しむ。クサフグやハオコゼ・ごんずいにギンポなどなど、こういった魚たちも意味があってこの海に生きていると言う事を忘れずにやさしくリリースしてあげてほしいと思います。 本命も外道も同じ魚・同じ命、マナーを守って楽しく釣りができる人間性を養い皆さんが大人の釣りを楽しめるようになる事を願います。

琵琶湖のブラックバスは条例でリリース禁止になっていますが、これはこれで様々な意見があるようですが・・・。

技術職人大場正人プロフィール

技術職人大場正人

1958年大阪生まれ 大学中退後なにわの都「十三」にて寿司店開業。
数年間は順調に売り上げを伸ばし、店の経営も安定していましたが、この時の私の年齢が若干22歳、若気の至りで夜になると悪友に誘われる毎日が続き翌日はお店を休む悪循環が始まる・・・そうなると通って来て頂いていたお客様も離れてゆき3年半で廃業・・・。
その後、飲食店店長や出張パーティー会社などあるいはライフラインの会社などを経て現在に至る。
どの様な仕事をしていても昔から魚が私の身の周りにあり、始終、魚に触れている状態でした。釣り人生も今年で40年を迎えるなか釣り上げた魚を食べる事だけには飽き足らず形にして残しておきたいと行き着いた結果、魚の剥製作りの道に入りました。
魚の中でも特にチヌ(黒鯛)は私の中では特別な存在。他の魚にはない魅力が ぎっしり詰まっています。釣り方・習性・顔つき・すべてが私を虜にする存在です。とは言っても今までそんなに沢山のチヌを釣って来たわけでもないし、そう簡単に釣らせてくれる魚でもありません。チヌ釣りに関してはまだまだ道半ばといったところです。

魚類剥製工房・FISH DREAM・魚乃堂本舗店舗情報

魚の剥製オーダーメイド 「魚類剥製工房・FISH DREAM・魚乃堂本舗」

〒532-0005
大阪市淀川区三国本町2丁目1-13-604
TEL / FAX 06-6394-0153
メールアドレス uonodo-honpo@gk9.so-net.ne.jp

魚乃堂本舗ではパンフレットを置いて頂ける釣り道具店様・釣り餌店様・渡船店様・  貸しボート店様を募集しております。
海洋施設様・水族館様・ホテル・ペンション・民宿様等からでも大歓迎です。 魚乃堂本舗チラシ画像
剥製ギャラリー